運動

今、比較的若い世代で結核菌(けっかくきん)に立ち向かう免疫力を持たない人々が増加傾向にあることや、自己判断のために診断が遅れることなどに縁る集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増加しているようです。
いんきんたむしは20代〜30代の比較的若い男の人に症例が多く、ほとんどのケースでは股間の周辺だけに広がり、激しい運動をしたり、お風呂上りなど身体が熱くなると強烈な痒みが訪れます。 Continue reading →

レストルーム

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではない状態で生命活動を維持する(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の保持等)のに要る理論上の最低限のエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。 Continue reading →

グラフト

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な施術としては大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス手術」という2種類の技術が標準的に使用されています。 Continue reading →

波長

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森林の杉や檜などの様々な植物の花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの辛くて不快なアレルギー症状をもたらす病気として日本人に定着しています。 Continue reading →

恐ろしい

ハーバード・メディカルスクールの研究によれば、通常のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上のカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えれば、恐ろしい直腸癌の危険性を半分以上は減らせたということが明らかになっている。 Continue reading →

限定

悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通なら人間の身体を癌から守る役割をする物質を産出するための金型である遺伝子の不具合が原因で発病してしまうということが分かっています。
普通なら骨折を起こさない位の僅かな力でも、骨の限定された部位だけに何度も繰り返して継続的に力が加わることで、骨折する事もあり得ます。 Continue reading →

異物

学校等の大勢での集団生活に於いて、花粉症の症状が原因でクラスの皆と同時に外でパワー全開で動けないのは、患者である子供にとってもさみしいことです。
吐血と喀血、どちらも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは喉から肺に続いている気道から出血する症状で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上の消化管から出血する病状を表します。 Continue reading →

活用

基礎代謝量(kcal)というのは就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を維持する(鼓動、呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張の保持等)ために欠かせない基本的なエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。
ピリドキシンには、多種多様なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー源を活用するために欠かせない回路に入れるために輪をかけて細分化させるのを助長する機能もあるのです。 Continue reading →